My Wardrobe

ワクワクできるトレンドも楽しいけれど、
それ以上に私たちを満たしてくれるのは、
自分を受け入れてくれる服。
今の体型に心地よくて、どんなシーンでも自信を持てて、
さまざまなスタイリングを想像できる1枚を。
一過性ではない“地に足のついた”ワードローブを
ブランドマネージャ林 涼子がピックアップ。

Wardrobe01.

Wardrobe 01.

Stripe soccer
Set-up

―ストライプサッカー生地のセットアップ―

“1+1=2以上の
広がりをみせる、
夏のセットアップ”

“1+1=2以上の広がりをみせる、
夏のセットアップ”

「多目的に着回せるセットアップは、
今シーズンのワードローブに欠かせない存在。
ニューノーマルが定着し気温も上昇してきた今、
きちんと見えてリラックス感もある素材やデザインに惹かれます。
そんな気持ちにピタッとフィットしたのが、
このストライプサッカー生地のジャケット&パンツ。
ジャケットは1枚着でも着流してもサマになり、
ボトムにINすればシャツ感覚の着こなしもできて万能!
パンツもまた、センタープレス入りのきれいなラインで、
シーンを選ばず思わず手が伸びる1枚です。
シーズンに1セットあれば、これが軸となって
手持ちの服も新鮮にアップデートできるので、
思いきってセットで揃えて損のないアイテムだと思います。」

Wardrobe02.

Tie dye shirt & pants

―タイダイ染シャツ&パンツ―

“存在感のあるタイダイ染め。
その個性を味方につければ、
シンプルでこなれる”

「4シーズン目を迎えるほど人気のタイダイですが、
きれいなグラデーションが魅力の段染めは今季初!
シャツもデニムパンツも洗練された白を基調に
一部分だけ染めあげたことで、クリーンな着映え力を発揮。
より大人がセンスよく楽しめるように進化しました。
特にシャツはアイテム自体カジュアルすぎず、
どなたでもトライしやすいバランスに仕上がっています。
ワンツーで旬度の高いスタイルが叶うのはもちろん、
背中がさりげなく開いていたり、
計算した染め具合で膝位置が高く見えたりと、
女っぽく体がきれいに見えるディテールもこだわりです。」

「4シーズン目を迎えるほど人気のタイダイですが、
きれいなグラデーションが魅力の段染めは今季初!
シャツもデニムパンツも洗練された白を基調に
一部分だけ染めあげたことで、クリーンな着映え力を発揮。
より大人がセンスよく楽しめるように進化しました。
特にシャツはアイテム自体カジュアルすぎず、
どなたでもトライしやすいバランスに仕上がっています。
ワンツーで旬度の高いスタイルが叶うのはもちろん、
背中がさりげなく開いていたり、
計算した染め具合で膝位置が高く見えたりと、
女っぽく体がきれいに見えるディテールもこだわりです。」

Back open
all-in-one

―背中開きオールインワン―

“アプローチ次第で
ON/OFFスライド自在。
柔軟性の高い実力派!”

“アプローチ次第で
ON/OFFスライド自在。
柔軟性の高い実力派!”

「ワードローブの主力としてこの夏真っ先にほしいと思ったのが、
何も考えず手に取って“決まりがいい”オールインワン。
パンツのサイドラインを少し前振りにすることで、
体が自由になるたっぷりとしたコクーンシルエットにもかかわらず、
すっきり見えるのが特徴です。
styling/らしいこれみよがしではないバックスタイルの肌見せも大人向き。
特別な日には堂々と1枚でドレッシーに装えますし、
ジャケットを羽織ってしまえば仕事にも。
なかにタンクを仕込んで、スニーカー合わせのカジュアルにもハマります。
とにかく着こなしの幅が広いので、オールインワンにトライしたいけど
何を選んでいいのかわからないという方に、ぜひおすすめしたい1枚です。」

※クレジット掲載のないアイテムはすべてモデル私物となります。

  • STAFF
  • Photo / Kaori Imakiire
  • Text / Yoko Enomoto(TENT)