夏に買うべきブラウスはこれ!

この夏、絶対に着たいstyling/の「クチュールブラウス」
おすすめコーディネートを身長別ご紹介いたします。

No.01

Volume Shirt Blouse

たっぷりとした袖のボリュームが印象的なブラウス。
リネン混の素材でさらっとした肌触りに仕上げました。
前後どちらでも着用可能なデザインで、
デイリーにもオフィスにもお使いいただけます。
シワになりにくい素材で、ハンドウォッシャブルも可能。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、首元を開けた肌みせスタイルがおすすめ。
ブラウスはアウトにして細身のパンツとの合わせが◎

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、首元を開けた肌みせスタイルがおすすめ。
ブラウスはアウトにして細身のパンツとの合わせが◎

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長な方は、スタンドカラーでの着用がおすすめ。
ワイドシルエットのブラックオールインワンを合わせた
リラックス感の中にきちんと感のあるコーディネートに。

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長な方は、スタンドカラーでの着用がおすすめ。
ワイドシルエットのブラックオールインワンを合わせた
リラックス感の中にきちんと感のあるコーディネートに。

No.02

Bowtie Blouse

肩にギャザーをあしらい立体感のあるフォルムに仕上げました。
ノースリーブですが腕を華奢にみせてくれるブラウスです。
ボウタイはリボンにしても、垂らしたままでもお好みで。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、スカートにブラウスをイン!Iラインを強調させて。
ボウタイは、リボンにして上半身に目がいくスタイルに。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、スカートにブラウスをイン!
Iラインを強調させて。
ボウタイは、リボンにして上半身に目がいくスタイルに。

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長の方は、ブラウスをアウト!Aラインのスカート合わせに挑戦。
シアーチュールスカートは抜け感をプラスしてくれます。

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長の方は、ブラウスをアウト!
Aラインのスカート合わせに挑戦。
シアーチュールスカートは抜け感をプラスしてくれます。

No.03

Asymmetry Raffle Tops

大胆なラッフルをあしらったブラウス。
計算されたラッフルの位置で、甘くなりすぎない大人のブラウスに。
ポケット付きも嬉しいポイントです。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、ブラウスをアウトにして
チュニック風に。
コーディネートに困ったら、
ワントーンがおすすめ!

小柄な方は、ブラウスをアウトにして
チュニック風に。
コーディネートに困ったら、
ワントーンがおすすめ!

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長な方は、ブラウスをインにしてラッフルのボリュームを際立たせて。
スカートはタイトなシルエットがおすすめ!

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長な方は、ブラウスをインにして
ラッフルのボリュームを際立たせて。
スカートはタイトなシルエットがおすすめ!

No.04

Raffle Shoulder Tops

肩回りは立体感のあるラッフルに仕上げた華やかなトップス。
ボディはすっきりとしたシルエットで細見え効果抜群です。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、上半身に目がいくようスキニーデニムとの合わせが◎
カジュアル過ぎないモノトーンのコーディネートに。

ショップスタッフ(GINZA SIX店)

松尾 香 151cm

小柄な方は、上半身に目がいくよう
スキニーデニムとの合わせが◎
カジュアル過ぎないモノトーンのコーディネートに。

プレス

佐藤 怜子 165cm

高身長な方は、
少しワイドシルエットのパンツを。
今シーズンはグラデーションの
タイダイ柄に挑戦してみて。

高身長な方は、少しワイドシルエットのパンツを。
今シーズンはグラデーションのタイダイ柄に挑戦してみて。