気温の上昇とともに高まるおしゃれマインド。
真っ先に手に入れて間違いないのは、1枚でアガるドレス。
今回、ブランドマネージャー林 涼子が
数あるラインナップのなかから
お薦めするのは、
styling/らしい構築美が際立つパフショルダードレス。
コーディネートの想像力を掻き立てるユースフルな1枚で、
夏のデイリースタイルを進化させて。

This summer’s RecommendedPuff Shoulder Dress

Puff Shoulder Dress on a hanger

This summer’s RecommendedPuff Shoulder Dress

Puff Shoulder Dress on a hanger
洗練とモードが調和した
styling/流“Nextシャツドレス”

1枚着でも羽織ってもサマになるシャツドレスは、
ワードローブが活性化する万能アイテム。
ともすればほっこりしたりコンサバ見えするアイテムですが、
この夏styling/が提案したいのは、
ドレスの醍醐味であるエレガントさがありながらハンサムに着られる1枚。
完成されたフォルムで袖を通した瞬間に高揚する自信作を、
ぜひ楽しんでいただきたいです。

by Ryoko Hayashi

Details

肩のラインがナローな日本人女性が“きちんと服を着ている”効果を得られるパフショルダー。二の腕ほっそり、小顔効果も期待できるから、ノースリーブに抵抗感がある大人にこそおすすめ!

共布のシャーリングゴムベルトがアクセント。このほんのりスポーティなベルトのおかげで、全体の印象がモードに振れる。シャリっとハリ感のあるタイプライター素材もこなれたムードを後押し。

フロントは着こなしによって開き具合を自由にアレンジできるファスナー仕立て。前たてに丁寧に施したキルティングも隠れポイント。ライトな生地の“芯”になってシルエットを美しくキープ。

Ryoko's coordinate

このドレスのハイライトは、フレキシブルな着まわし力。
ブラック、ベージュ、ホワイトの3色を、
林 涼子が今の気分で着こなし実演。

Style01.

プレーンに1枚で決まる理想形。
オールブラックでシックに

「パフショルの角度や胸元の開き、スカートのシルエットなど
トータルバランスを吟味しているので、
1枚で着てみるとよりフォルムのきれいさが際立ちます。
今はブーツもシーズンレスなアイテムなので、
軽やかなノースリ×重めロングブーツのバランスも気分。
こんなミックス感もstyling/らしい。
オールブラックで、かっこよくドレッシーにまとめて」。

トレンチ感覚で羽織れば
シンプルスタイルが即あか抜ける

「たっぷり贅沢に生地を使い、
アウターっぽく着られるのもこのドレスの魅力。
ベージュなら、トレンチコートライクな品のよさを纏えます。
例えば、こんなふうにシンプルなオールインワンにプラス。
サッと着流すだけでガラッと印象が変わるから、
気分新たに手持ち服を楽しめます。
パンツがゆったりワイドのときは、
フロントはフルオープンにして抜けを意識」。

Style03.

きれいめモードなテンションの日は、
クリアな白×細身パンツで

「いつも以上にモダンに、女性らしい清潔感もほしいときは、
ホワイトが頼もしい。スレンダーなパンツを合わせると、
ONシーンにも映えるきれいめ印象にフィットします。
でも決してコンサバにまとまらないのは、
このドレスがモードな空気感で包んでくれるから。
細身パンツ&ピンヒールで足元はシャープ、そのぶん
ウエストをギュッと絞って上半身に膨らみをもたせるとバランスアップ。
ホワイトがボヤッとしないようドライなカーキで締めたのもポイント」。

※クレジット掲載のないアイテムはすべてモデル私物となります。

  • STAFF
  • Photo / Kaori Imakiire
  • Text / Yoko Enomoto(TENT)