White Night Story 真夜中の太陽が、湖畔に佇む私を照らす。
一隻のカヌーが夜の水面を静かに進んでいく。
さざなみの音が、耳の奥でこだまする。
自然の神秘、その残像を焼き付けるように
私はそっと瞳を閉じた。