背が高くても低くても、その服は着こなせる
身長別 着回しテクニック

「背が高い人なら着こなせそう」「小柄だから可愛く見える」
そんな風に、身長を理由に諦めている服はありませんか?
ちょっとした工夫があれば、背の高さに限らず
似合うスタイルは作れます。
そこで、同じ服を着回して、身長別の着こなしテクニックをご紹介!

着こなしITEM01 着こなしITEM01
puff sleeve tops puff sleeve tops
puff sleeve tops
puff sleeve tops

Puff Sleeve Tops

ボリューミィで、ほんのり光沢のある袖がレディライクな旬トップス。
シンプルな着こなしでも、華やかなパフスリーブのおかげで
着映え効果は絶大。

puff sleeve tops puff sleeve tops puff sleeve tops
puff sleeve tops
puff sleeve tops
puff sleeve tops

Back Satin Georgette Pants

適度なオチ感、微光沢の素材感でキレイめ印象をキープしながらも、
ウエストゴムでイージーにはける一本。
ほどよくゆるいシルエットが、大人の余裕を演出。

short style
PR 花田百栄 / 158cm

上半身にボリュームがあるため、ボトムスは細身パンツが好バランス。
小柄の場合、ワントーンで統一感を出し、全身を分断
させないのもスタイルUPのコツ。
トップスはINして腰位置を高めにマークして。

tall style
PR 佐藤怜子 / 165cm

身長が高めなら、旬のビッグシルエットにトライ。トップスは
OUTで着て
今っぽいルーズ感を出せばおしゃれ度UP。
大柄で上下ワントーンだとインパクトが増してしまうため、
配色でコントラストをつけるのもコツ。

着こなしITEM02 着こなしITEM02
puff sleeve tops puff sleeve tops
Puff Sleeve Short
Puff Sleeve Short

Puff sleeve Short

カジュアルな印象に陥りがちなブルゾンを
ボリューミィなパフスリーブと光沢素材で大人っぽくアレンジ。
ショート丈なのでボトムスともバランスがとりやすい。

Tapered Pants
Tapered Pants
Tapered Pants

Tapered Pants

細身のシルエットが美しいこのパンツは
シガレットパンツのようにメンズライクな雰囲気が持ち味。
股上深めながら、ノータックでお腹周りもすっきり。

short style
PR 花田百栄 / 158cm

身長が高くなくても、ウエストをしっかり見せ、腰位置を明確に
すれば、脚長効果でスタイルUP。
上半身が重く見えないよう、袖をたくし上げたり、
デコルテを出して抜け感を出すのも効果的。

tall style
PR 佐藤怜子 / 165cm

身長が高い場合は、素材の違う服をレイヤードして、
着こなしが平坦に見えないよう意識して。
ベロアのトップスは、
あえてOUTに着ることで気張らないムードを出すのが今っぽい。

着こなしITEM03 着こなしITEM03
organza shirt organza shirt organza shirt
Organza Shirt
Organza Shirt
Organza Shirt

Organza Shirt

ビッグシルエットでも軽やかなシースルーシャツは堅くなりすぎず
女性らしい雰囲気が魅力。
メイン使いはもちろん脇役でも重宝する万能アイテム。

Waist Rib Pants Waist Rib Pants Waist Rib Pants
Waist Rib Pants
Waist Rib Pants
Waist Rib Pants

Waist Rib Pants

前後にセンタータックの入った地厚素材で遠目に見れば
スーツと見間違うほどのきちんと感をキープ。
ウエストゴムでリラックス感も持ち合わせた才色兼備な名品。

short style
PR 花田百栄 / 158cm

小柄な人が旬のルーズシルエットに挑戦するなら、
シースルーシャツを取り入れるのがおすすめ。
うっすらと透ける肌を味方につけて、上品なベージュトーンで
まとめれば、
だらしなく見える心配も無用。

tall style
PR 佐藤怜子 / 165cm

秋の入口にトライしたい、
ニットベストを取り入れたレイヤードスタイル。
軽やかなオーガンジーのシャツがあれば、重ね着でもボリュームが
出過ぎないため、
大柄さんでもバランス良く仕上がる。

staff :

  • Photography : Tomohiro Takeshita
  • Styling : Kei Shirahata
  • Text : Urara Kurihara

Photography : Tomohiro Takeshita
Styling : Kei Shirahata
Text : Urara Kurihara

all items