新時代を生きる私たちのニーズを満たすのは、
一過性のトレンドに流されず、長いスパンでつきあえる服。
しばらく休眠期があっても、またふと着たくなる。
アプローチ次第で、その時々の気分にすっとハマる。
そんな風にタイムレスに愛せる一着を、まずは手元に。
最終回は、「DENIM」をピックアップ。
“MINEDENIM”とのコラボによる、確かな品質と洗練を備えた
大人好みのデニムをブランドマネージャー林涼子がナビ。

INDIGO

デニム本来の持ち味を備えた
スタンダード感にモダンさをMIX。
大人の風格ただようインディゴ

コクーンデニムパンツ ¥27,000+tax

INDIGO

デニム本来の持ち味を備えた
スタンダード感にモダンさをMIX。
大人の風格ただようインディゴ

PANTS

「穿くと実感する、MINEDENIM特有の立体的で
美しい
コクーンシルエットは、サイドから斜めに入った
切り替えが決め手。
横に広がって見えることなく、
下半身をバランスよく演出してくれます。
さらに、センター寄りに配置されたパッチポケットが
ヒップラインをキュッと締まった印象に」
(ブランドマネージャー林涼子)

コクーンデニムパンツ ¥27,000+tax

JACKET

「広めのアームホール下にスナップボタンを配し、
留めるとボックスシルエットをすっきり見せられる仕様に。
言ってみれば、ベストとジャケットの中間。
いわゆるベストと比べて断然こなれ感が出しやすく、
長袖ジャケットよりもレイヤードの楽しみが増す。
おしゃれの幅が一気に広がるキーピースですね」(林)

赤×濃紺デニムの
コントラストが今また新鮮

大人にも着やすい、絶妙なトーンの赤が目を惹くハイネックニットを。
「ストレッチ性のあるモダンな質感のリブニットは、
背中のシャープな開きも
特徴的。足元はフラットシューズで脱力、
くらいのラフさが気分」(林)

袖レスGジャン×袖コンシャスな
白シャツの妙

展示会でも多くの支持を集めた、インディゴ上下にシャツ合わせ。
「レイヤードで遊べるこのジャケットは、styling/でも多く出している
袖にデザイン性のあるトップスと相性抜群!」(林)

WHITE

白シャツを思わせる
混じり気のないクリーンさが気分。
都会的なムードをまとうホワイト

PANTS

「例えるなら、まっさらな白シャツのような。
オフホワイトではない、純度の高いクリアな白を
イメージして
作ったのがこのホワイトです。
MINEDENIMならではの気骨のある
デザインはそのままに、白というカラーが持つ
キレのよさや清潔感、
モダンさをプラス。
デニムルックのマンネリ脱却にも最適な一本」(林)

JACKET

「しっかりしたデニム生地なので
シャツのほか、ニットやスエット、
フーディといった
厚みのあるアイテムに重ねてもグッドバランス。
あとは、トレンチコートの上にさっとレイヤードして
着こなしに変化ををつけるのも素敵。
一見ハードルが高そうに見えますが、実はその逆。
ベスト感覚でラフに羽織れて使いやすい一枚です」(林)

モードな表情のスクエアネックを
白デニムでクールに

着膨れせずシャープに見える白デニムだからこそ、トップスインもサマになる。
「バルーン袖のリブニットは“大人が着ても野暮ったくならない”を
目指したデザイン。前後逆に着て、スクエアネックを後ろにしてもいい感じ」(林)

ニットドッキングトップス ¥16,000+tax
コクーンデニムパンツ ¥27,000+tax

ホワイト上下で
オールインワン風の着こなし

クリーンな印象の白コーデにはプリミティブな小物を足して土着感を。
「このジャケット自体、そもそも
“パンツとセットでオールインワン風に着たい”
というのが着想源。
セット着用のバランス感は計算済みです」(林)

ノースリーブデニムジャケット ¥32,000+tax
コクーンデニムパンツ ¥27,000+tax

※クレジット掲載のないアイテムはすべてモデル私物となります。

STAFF
Photo / Yusuke Raika(aosora/model)、Maya Kajita(e7/still)
Hair & make-up / Saki Kojima
Edit / Nao Manita(BIEI)