styling/ magazine 2018-19 winter issue TOPS TOPS! TOPS! vol.2

今季のスタイリングは、主役になれるデザイントップスが勢ぞろい。特にニットには力を入れていて、裾を結んでアレンジしたり、前後逆で着こなせるものなど、ギミックの効いたデザインが多数登場。レディなチュールやプリーツ、はたまたスラックスなど、多彩なボトムと組み合わせてシーズンムードを謳歌しましょう

#1

自立するビッグなフード、筆記体の刺繍ロゴがポイントになったシンプルフーディは、着回しに適した万能アイテム。
ベーシックなアイテムなので、ボトムはデザイン性のあるもので遊んでもベター。チェックツイードの変形スカートで、ヘムラインにユニークな動きをプラスしましょう。

#2

コットン100%の万能フーディはセットアップでも展開。同素材のパンツをあわせれば、流行りのワントーンルックが楽しめます。コージーな上下には、あえてきれいめチェスターコートを。スウェットのゆるさが引き締まり、洗練されたエフォートレス感が楽しめます。

#3

シンプルなフーディはレイヤードでも大活躍。リブワンピ×サテンパンツにさっと重ねれば、着こなしをイージーに振るスパイスにもなります。
上半身をヌーディーなグラデーションでまとめることで、敬遠しがちだった重ね着もぐっと身近に。異素材のマッチングも目を引きます。

#4

メンズライクなフーディだからこそ、あえてレディライクなワンピースを相棒に。
ヴィンテージな小花柄が、シアー感のある生地と相まって絶妙な女らしさを醸し出します。
フリル&ボウタイをアピールすべく、ときにはパーカを肩がけするのもおすすめ。
自己流アレンジでお楽しみください。