styling/のディレクター白幡が、いま会いたい人をお招きする対談連載です。タイトルは白幡自身の口癖であり、この連載のテーマ。
各界で活躍する方々と、明日着る服を考えるように“わくわくするファッションの話”を。

vol.1
フォトグラファー/ジャーナリスト シトウレイさん (前編/後編)

白幡啓の対談連載 vol.1のお相手は、世界各国のコレクション取材など多岐にわたって活躍するフォトグラファー兼ジャーナリストのシトウレイさん。
撮影をきっかけに知り合った2人ですが、今やお互いを「レイちゃん」「ケイさん」と呼び合う仲。
リラックスしたムードでの対談の様子を、前編・後編に分けてお届けします。

白幡:第一回目なんだけど、風邪ひいちゃったの(笑)。お顔の調子がよくないから、今日はレイちゃんメインで撮ってもらいましょう。
シトウ:お大事に(笑)。

styling/とシトウレイさんの関係

白幡 : 表参道ヒルズの企画で、レイちゃんに写真を撮ってもらったのが最初だよね。レイちゃんは紫の服で、妖精みたいだった! 3年前くらいかな?

シトウ : ケイさんのパンツが印象的だった。スケスケの(笑)。大人の服なのに飛ばすねぇ~ってわくわくしたな。それで、どういう服作るんだろうって気になって展示会にも行くようになったの。

白幡 : 水色のシャツワンピ、オーダーしてくれたよね。

シトウ : あれ大好き! 定番で作ってないの?

白幡 : 短くして出したりしてたけど、定番ではないの。

シトウ : 違う色も買っとけばよかった~。

白幡 : styling/1周年記念のときには、ファッション業界で活躍する女性の、styling/を使ったセルフスタイリングをレイちゃんに撮り下ろしてもらって。展示もしたね。

シトウ : 撮ったコーディネートについて、ケイさんとトークショーで話したのが楽しかった。みんないろんな着崩し方をしていて素敵だったな。

シトウさんが過去にオーダーしたstyling/のアイテムの一部。 初めてオーダーしたのは写真左のワンピース。

AWのコレクションについて

シトウ:全体的にみると、なんだかいつもより落ち着いてる感じもするな。

白幡:秋の始まりまでは冒険アイテムが多かったから、今までのそういう服をもっと使ってもらうための買い足しアイテムっていうイメージなの。着てくれるみなさんに寄り添った感じで作ってみました。

シトウ:私も今まで結構特殊なものばかり買ってきたからね(笑)。

白幡:そういう着映えるものと、着やすいものをバランスよくね。

シトウ:とはいえ、ベーシックなアイテムも色やディテールが凝っててstyling/らしさはちゃんとありますよね。みんながトライしやすいようにって作ってるアイテムも色はシルバーだったりして、それって結局トライしやすいかどうかわからないけど(笑)。

シトウ:肌の見せ方が秀逸だなーって思います。ワンピしかりシャツしかり。モードな見せ方になってる。

白幡:やらしくないようにね。

シトウ:styling/は、水みたいなセクシーさがあるの。いろんなセクシーがある中で、透明感や潔さのあるセクシーさを感じるな。

白幡:名言!

シトウ:あとはやっぱりワンピースがすごく上手。動いたときにすごく美しい。ひらひらって…残り香があるっていうか。

白幡:素敵な表現だね~。嬉しいなあ。

シトウ:あと、お店行ったときに思ったんだけど、インナーも素敵じゃない?絶妙なカットですごく使える。

白幡:肌を見せる服が多いから、インナーは見えないようにスタイリスト目線で作ってみました。背中があいたアイテムも多いから、そしたらキャミも背中あきのものがいるなって。

Rei Shito’s PICK UP ITEMS

◆後編では、styling/のエコファーコートを使ったコーディネートを、2人がそれぞれスタイリング! 同じコートでも、まったく違うテイストのコーデが生まれます