新しい服に袖を通したときの、あの胸の高鳴り。
視界が開け、世界が解像度を増していく。
そんなファッションの“高揚感”を濃縮したAWコレクション。
着こなしてくれるのは、styling/と親交の深い
モデルの佐田真由美さん。
たおやかな女性らしさと、いたずらな冒険心。
相反する個性で魅了する彼女の着こなしから
装うことの楽しさを感じ取って。

01

Knit Pullover×Sheer Pullover×Military Pants

ウール×アルパカの混紡糸を使用。1つ1つ手作業で編まれた
ざっくりニットは、中綿入りのミリタリーパンツでマニッシュに。
襟ぐりから薄手のハイネックを覗かせて、レイヤードを楽しむのもおすすめ。
同系色ならぐっとこなれた印象に。「イエローは幸福を呼ぶ色。
土っぽいアースカラーも今の私の気分にぴったりです(佐田)」

01

Knit Pullover×Sheer Pullover×Military Pants

ウール×アルパカの混紡糸を使用。1つ1つ手作業で編まれた
ざっくりニットは、中綿入りのミリタリーパンツでマニッシュに。
襟ぐりから薄手のハイネックを覗かせて、レイヤードを楽しむのもおすすめ。
同系色ならぐっとこなれた印象に。「イエローは幸福を呼ぶ色。
土っぽいアースカラーも今の私の気分にぴったりです(佐田)」

02

Off-Shoulder Knit Dress

女性らしさを底上げしたい日は、オフショルダーのニットドレスを。
二の腕をさりげなく覆ったり、前後にIラインの柄編みを施すなど、
華奢見えする仕掛けがたくさん。
ショルダーの折り返しは
自在にアレンジでき、ドレープ状に前にたゆませることも可能。
ふわふわとしたソフトな生地感も魅力で、多面的な表情が楽しめます。

03

Boa Coat×Knit Cardigan×Knit Pants

B-3のフライトジャケットをロング丈にアップデート。
背中はコクーンラインでゆとりをもたせ、リッチなムードに。
インナーは展示会でも大人気だった、ジャカード織りのセットアップ。
さりげないヘリンボーン柄が着こなしを上品に彩ります。
「styling/の服には、必ず時代を象徴する仕掛けが
施されているんです。そこが素敵!(佐田)」

03

Boa Coat×Knit Cardigan×Knit Pants

B-3のフライトジャケットをロング丈にアップデート。
背中はコクーンラインでゆとりをもたせ、リッチなムードに。
インナーは展示会でも大人気だった、ジャカード織りのセットアップ。
さりげないヘリンボーン柄が着こなしを上品に彩ります。
「styling/の服には、必ず時代を象徴する仕掛けが
施されているんです。そこが素敵!(佐田)」

04

Double Breasted Jacket×Sheer Pullover
×Denim Pants

普段デニムを敬遠している大人の女性にも穿いてもらいたい。
そんな思いを込めて作ったのが、MINEDENIMとのコラボデニム。
腰回りをすっきり仕上げたテーパードシルエットで、
ボクシーなダブルジャケットやラッフルブラウスなど、
きれいめなアイテムも相性抜群。
日常からフォーマルまで、多彩なシーンで活躍します。

05

Open Back Taffeta Dress

背中のVカットで魅せる、ドラマティックなタフタドレス。
生地の張り感はそのままに、特殊加工によって光沢を抑え、
ドレッシーすぎない見映えに。
背中の開きが気になる人は、
インナーに薄手のタートルを仕込んだり、
上にざっくりとしたセーターを重ねてスカート風に取り入れるのも◎
着こなしの幅がぐっと広がる1着です。

06

Hole Knit Pullover×Sheer Pullover×Knit Skirt

主役に迎えたのは、ドットの穴開きが可愛いニット。
肩と身幅はゆとりを持たせつつ、コンパクトなショート丈に。
インナーで遊ぶことで、人とかぶらない着こなしが楽しめます。
ボトムにセットしたスカートは、ストレッチが効いたミラノウール素材。
黒とグリーンもあり、プライベートから仕事場まで幅広いシーンをアシスト。

07

Mermaid Rib Knit Dress

身体を美しく引き立てるマーメードラインと、
滑らかなメリノウールの素材感がポイント。
コンシャスなリブ生地は、
部分的に編み方を変えて細見えするデザインに。
前がVネック、後ろはボートネックになっており、
写真のように前後逆で着用することも可能です。
きれいめのウールコートやシャギーコートで、エレガントなスタイリングを。

08

Ruffle Blouse×Denim Pants

着こなしにレディな要素取り入れたい。
そんなときに重宝する
オーガンジーブラウス。
ラッフルは着脱でき、ペプラム風にアレンジしたり、
シンプルなブラウスとして楽しむことも可能です。
ボトムに合わせたのは、春夏に即完売した
styling/×MINEDENIMのコクーンデニム。
ハイウエストで脚が細く見え、
ブルーとグレーの2色から選べます。

09

Suits Jacket×Zip Hoodie×Suits Pants

ウールのリバー生地を採用した、軽くて着心地の良いセットアップ。
ラペルを立てたようなVカラーや、お腹まわりをすっきりさせた
コクーンシルエットが、
エフォートレスなデイリールックにぴったり。
インナーにはジップ付きのフーディーをイン。
流行りの90sエッセンスを取り入れながら、時代のムードを楽しんで。

10

Sheer Pullover×Wide Denim Pants

女性の柔らかさを引き出す、モーヴピンクなコーディネート。
ポイントとなるワイドパンツは、MINEDENIMとのコラボアイテム。
センターにプリーツ加工を施して、すらりとした美脚シルエットに。
ジャケットはもちろん、膝上のハンパ丈なコートをあわせて、
ユニークなバランスを楽しむのもおすすめです。

11

Knit Pullover×Body Suits×Knit Skirt

ラクーン×ウールを混紡した、女性らしいセットアップ。
ふっくらと膨らんだスリーブや、ボディラインを強調しすぎない
マーメイドシルエットなど、随所にこだわりがたくさん。
袖口からインナーを覗かせれば、より上級者な着こなしに。
チャーミングなレッドほか、ネイビー、ベージュなど
ベーシックなカラー展開も。

12

Knit Cardigan×Sheer Pullover×Denim Pants

佐田さんも展示会で一目惚れしたという、
フェザーのラメ糸が可愛いニットカーディガン。
フロントとバック、どちらを前にしても着られるデザインで、
プルオーバーとして活用することも可能です。
ボトムに選んだのは、styling/×MINEDENIMのコクーンデニム。
グレーでカジュアルなワントーンルックに仕上げるのもおすすめ。

12

Knit Cardigan×Sheer Pullover×Denim Pants

佐田さんも展示会で一目惚れしたという、
フェザーのラメ糸が可愛いニットカーディガン。
フロントとバック、どちらを前にしても着られるデザインで、
プルオーバーとして活用することも可能です。
ボトムに選んだのは、styling/×MINEDENIMのコクーンデニム。
グレーでカジュアルなワントーンルックに仕上げるのもおすすめ。

13

Military Coat×Sheer Pullover×Suits Pants

中綿入りのミリタリーコートは、ウエストが自在に絞れる
ドレッシーなデザイン。
裾にドローコードが忍ばせてあり、
コクーンシルエットとして楽しむことも可能です。
インナーは薄手のシアーニットをセット、
リバーパンツは裾を絞ってスポーティなムードに。
足元はレディなパンプスで、リラックスムードをピリッと引き締めて。

14

Knit Pullover×Tapered Pants

トライアングルカットが目をひくニットは、
今季らしいグリーンをチョイス。
シルエットに重厚感をもたせながらも、
ウールにポリエステルの
糸をかけ合わせて、
軽く仕立てられているのもポイント。
ミニマルなドレスパンツとも心地よく馴染みます。
「これも展示会で一目惚れした1着。
前後を逆にして着ても、きっと可愛いはず(佐田)」

15

Volume Coat×Knit Dress

毎シーズン好評を博しているボリュームスリーブコート。
ヴァージンウールの上質な生地を採用、真冬でも保温性をキープするために、
総裏仕立てに。シンプルなニットドレスはもちろん、
どんなアイテムにもマッチする振り幅の広いアウターです。
写真のオートミールカラーほか、ミニマルなブラックもおすすめ。

Profile

佐田真由美

1977年東京生まれ。雑誌「Marisol」や「otonaMUSE」をはじめ、
メディアや広告等で幅広く活躍。
モデル業の傍ら、
06年からジュエリーブランド
「Enasoluna(エナソルーナ)」のディレクターを務める。
プライベートでは2人の娘の母。

Instagram : @sadamayumi

STAFF
Model / Mayumi Sada
Photography / Tetsuo Kashiwada
Hair & Make up / Keiichi Hiramoto
Edit / Yuri Tanaka
Brand Direction & Styling / kei shirahata (LOVABLE)