新時代を生きる私たちのニーズを満たすのは、
一過性のトレンドに流されず、長いスパンでつきあえる服。
しばらく休眠期があっても、またふと着たくなる。
アプローチ次第で、その時々の気分にすっとハマる。
そんな風にタイムレスに愛せる一着を、まずは手元に。

今回のトピックは「WEEKLY EDIT」。
季節は少しずつ、秋へ。ブランドマネージャー林涼子の
リアルな秋服プランから読み解く“いま買い足すべき服”とは。

“これさえあれば”の対応力。
イージーな着心地のスーツが頼れる

「シャツ感覚でさっと羽織れる軽さのジャケットに、
タック入りで腰回りすっきりのハイウエストパンツ。
柔らかい素材感で“着心地のよさ”を押さえつつも
スーツ特有の“きちんと感”は据え置き、という
今の理想にジャストなスーツ。
迷わず上下で揃えて活用させたいですね」(林)

もはやスタンダードになりつつある、
シアー素材のトップスをインに。
「ジャケットのインナーで取り入れると、
透け感がトゥーマッチに映らずグッドバランス。
ブラやキャミソールと重ねて効果的に」(林)

着やすくモダンに進化させた
キルティングスカートは買い!

「ミリタリー物でよく見るキルティングアイテムを
日常的に着やすいデザインに仕上げた、このスカート。
グリッドのマス目みたいな細かいブロック調だから、
キルティングといえど無地感覚でフレキシブルに使える。
ニットとの相性が最高なので、秋口はこんなふうに
薄手のニットとワントーンで。まさに大人向きの一着」(林)

カフスのような袖口がありそうでない、こだわりのニットにも注目を。
「このニット、ジャケットとかアウターの袖口から
カフス部分を覗かせると、これまた可愛いんですよ」(林)

この秋真っ先に買い足したい。
“わかってる感”漂うショートニット

「着るとわかるんですけど、これ一枚でキマるんです。
身頃から腕にかけてはゆったりで、袖口はキュッとタイト。
そのメリハリ感に加え、すそが詰まっていないぶん
どんなボトムとも合わせやすくてサマになる。
まずは、こんな感じで古着の501と合わせたり
夏のワンピースの上にバサッと重ねたいですね」(林)

ジャケット以上、コート未満。
使い勝手抜群のジャケットコート

「ジャケットだと肌寒いけど、コートにはまだ早い。
そんな時期が年々長くなってきているように感じます。
それを踏まえて、一般的にはコートに用いる
厚手のシャギー素材でジャケットを作りました。
styling/ならではのテーラリングを活かし
肉厚ながらも着膨れしにくい、シャープな仕上がりに。
Tシャツやカットソーに羽織るだけでOKです」(林)

つい手に取ってしまう安心感。
手放せなくなるニットドレス

「打合せやサンプルチェックで社内に缶ヅメ。
そんな日はやっぱりニットドレスが楽ですよね?
リブ編みをパーツごとに切り替えることで
ヒップ位置を高く小尻に。下半身をスラリと細身に。
“身体のラインがとにかくキレイに見える”と人気の
背中あきドレスは、styling/の代名詞的アイテム。
コンシャスすぎず、幅広い体型にマッチするのもいい」(林)

「柔らかな肌触りのコットン×ウール糸を立体的に編み立てた、
ストレスフリーな着心地も自慢です」(林)

何てことない感じに見えて計算ずく。
公園スタイルは浮かず埋もれず

「子どもと一緒に公園遊びの土曜日は
気張って見えないコンフォートな着心地の上下を。
たっぷりとしたフードがこなれた印象のスエットに、
前スリットからラインソックスが覗くニットパンツ。
普通っぽいアイテムこそ、小ワザのきいたものを選んで。
毛足ふっくらなジレは、エコファーならではの軽さと
扱いやすさがよくて。今季のキーピース的存在」(林)

「ディテールをそぎ落としたスエットフーディは、
シンプルでいて実力派。
これ見よがしじゃない洒落感がいいんです」(林)

「ディテールをそぎ落としたスエットフーディは、
シンプルでいて実力派。
これ見よがしじゃない洒落感がいいんです」(林)

肩ひじ張らず、エフォートレスに。
おしゃれ好きに響く実力派コート

「古着のロゴTと白のスエットパンツで
フラッと近所の商店街へ。このくらいの格好にもすっと
なじむAラインのステンカラーコートがお気に入りです。
ラグラン仕様の袖や、Iラインを強調したフロントの
デザインのおかげで、チェック柄が可愛らしく転ばず
ピリッとキマるのがstyling/らしさですかね」(林)

「コート自体は比較的薄手。
着脱可能な中綿入りのベストライナー付きで
ロングシーズン着られるのも魅力的」(林)

※クレジット掲載のないアイテムはすべてモデル私物となります。