神崎さんに学ぶ愛されるセンス vol.03: one-piece

神崎恵さんに
されるセンス

vol.03 One-piece

今、世の女性たちが最も憧れる美容家・神崎恵さん。
その愛されオーラはいったいどこから生まれるのか。
彼女の愛用ブランドでもある
styling/の服を通して、憧れのライフスタイルをひもといていきます。
最終回のテーマは「ワンピース」。
神崎さんの考える“女らしさ”の表現とは…?

Kanzaki: Open Back Knit Dress

1枚のなかでも編み地の方向を巧みに変化させ、華奢に見せてくれるニットワンピース。
意表をついた背中開きや、優しく体をなぞるシルエットで嫌味のない女らしさを演出。

これよがしではないのに
大胆なデザインがっぽい

体を優しく包み込んでくれるニットワンピは、私服でも定番のアイテム。華やかな色や凝った装飾がなくても、シルエットで女らしさは表現できるもの。体のラインは“気配”でそっと感じさせるくらいが、大人の女性らしさを引き出してくれると思うんです。

背中の深い開きも、これ見よがしではないのに大胆。あからさまな肌見せと違って、背中開きには静かな自信が感じられるような気がして。デコルテを出すよりむしろ、色っぽく思えてしまうんですよね。

自分でハンドルをきることが
されニュアンスにつながる

無言でも存在感の出せる柄ワンピは頼れるアイテム。気分を上げたい日や、ちょっと冒険したい時にも手が伸びます。柄が印象的な一方で、ひらっと余韻を残す裾の動きや、体が泳ぐようなゆとりあるフォルムなど、女らしさを感じさせるバランスも大事にしています。

私にとってstyling /は「可愛い」だけで終わらない、強気な女らしさを体現してくれるブランド。女っぽく見られたくて着るんじゃなくて、好きで着てたら結果的に女っぽい、を叶えてくれるんです。

素っ裸で自信を持つのはなかなか難しいけれど、素材感やラインの組み合わせで体をキレイに見せてくれる服はある。それを上手に利用して操ることのできる人はきっと、愛され上手。服もメイクもまずは自分が楽しんで、自らハンドルをきっている感じが、愛されニュアンスに繋がるんだと思います。

程よくフィットしたリブニットワンピースで上品な女らしさを演出。
ワンピの上には柔らかなウールコートを羽織って、
冬でも軽やかな印象をキープ。

PROFILE

1975年、神奈川県生まれ。美容家として手がける著書は次々とベストセラーになり、累計著書部数は134万部を突破。自身のインスタグラム(@megumi_kanzaki)はフォロワー数46万人を超え、幅広い層から支持されている。今秋スタートしたテレビ東京系連続ドラマ「だから私はメイクする」 (毎週水曜・深夜0時58分〜)では初主演を務め大きな話題に。新刊『神崎CARE』(ワニブックス)も好評発売中。

STAFF
  • Photography : Yuji Takeuchi(BALLPARK)
  • Styling : Kei Shirahata Hair&Make : Tomoe Nakayama
  • Model : Megumi Kanzaki Text : Urara Kurihara
  • Press : Reiko Sato Momoe Hanada
STAFF
  • Photography : Yuji Takeuchi(BALLPARK)Styling : Kei Shirahata Hair&Make : Tomoe Nakayama
  • Model : Megumi Kanzaki Text : Urara KuriharaPress : Reiko Sato Momoe Hanada

ARCHIVE